ブログアーカイブ

Blog Archive

  • 2021.1.31

    外国人を雇用した際に必要な届出とは?

    外国人を雇用したときや雇用を終了したときには、会社が主体となって管轄のハローワークに届出を行う必要があります。正社員に限らず、アルバイトやパートであっても届出は必要です。 ただし、在留資格「外交」「公用」を持っている外国人や、在日韓国・朝鮮人などの特別永住者の場合

    ▼続きを読む
  • 2021.1.28

    入院中に在留期限が来てしまったら?

    日本に在留している外国人は在留カードを持っています。そこにはそれぞれの在留資格や在留期限(在留期間満了日)が書かれています。期限が来る前にかならず在留カードの更新をしなければいけません。 しかし、病気や事故などで入院することになり、その間に在留期限が来てしまった場

    ▼続きを読む
  • 2021.1.25

    日本にいる間にパスポートの期限が切れたら?

    日本に在留している外国人は、それぞれの在留資格を持っていて、在留期間が定められています。期限までに在留カードの更新をしなければ、日本で滞在を続けることができません。 そのため、ほとんどの外国人の方はご自分の在留カードに書かれた在留期限(在留期間満了日)を意識して生

    ▼続きを読む
  • 2021.1.22

    在留カードに漢字表記の名前を入れるには?

    日本に在留する外国人が持っている在留カードには、原則としてローマ字(アルファベット)で名前が記入されています。 しかし、中国、台湾、香港、韓国などの漢字を使う国の人は、普段から漢字の名前を使っているため、在留カードにも漢字の名前を載せてほしいと思っていることがあり

    ▼続きを読む
  • 2021.1.22

    外国人を雇うときの雇用保険・労災保険の注意点

    外国人を雇っている場合でも、日本人を雇うのと同じように雇用保険・労災保険などの労働保険の加入義務があります。 雇用保険は「31日以上継続して雇う予定がある」「1週間あたりの労働時間が20時間以上である」という2つの条件を満たす労働者は加入させなければいけません。

    ▼続きを読む
  • 2021.1.19

    外国人を雇用する際に必要な受け入れ準備は?

    日本の企業が留学生などの外国人を雇用するときには、就労ビザ申請をサポートする必要があります。就労ビザの申請は本人が行う場合もあれば、企業側が手続きをすることもあります。また、行政書士などの専門家に依頼して手続きを代行してもらうことも可能です。 就労ビザの申請をして

    ▼続きを読む
  • 2021.1.16

    永住者や帰化した人を雇用するときの注意点は?

    企業が外国人を雇用するときには、その人が持っている在留資格をチェックしなければいけません。在留資格ごとに認められている仕事の範囲が違うため、きちんと確認しないと不法就労になってしまう恐れがあるからです。 「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」などの在留

    ▼続きを読む
  • 2021.1.13

    職歴10年以上で就労ビザを取るには?

    日本で働こうとする外国人が就労ビザを取るためには、原則として「大卒または日本の専門卒以上」の学歴が必要です。 しかし、学歴がなくても、その仕事に関して10年以上の実務経験があれば、就労ビザを取ることができます。学歴がない人が職歴で要件を満たして就労ビザの申請をする

    ▼続きを読む
  • 2021.1.12

    中小企業が外国人を雇うのは難しい?

    外国人を雇って、その能力を活用したいと思っている経営者の方はたくさんいます。特に、海外取引が多かったり、外国人相手のビジネスをしていたり、海外進出を検討しているような企業では、外国人雇用を真剣に考えている場合もあるようです。 しかし、規模の小さい中小企業では、外国

    ▼続きを読む
  • 2021.1.11

    ビザと査証と在留資格の違いとは?

    ビザ関連の手続きを専門にしている私の事務所には「外国人を雇うからビザの手続きをしたい」「結婚したのでビザを変更したい」といった相談が寄せられます。 そのように「ビザ(VISA)」という言葉はよく聞きますが、正式な意味とは違う形で使われていることが多いので注意が必要

    ▼続きを読む
  • 2021.1.10

    外国人雇用のメリットとは?

    企業が外国人を雇用することには、さまざまなメリットがあります。実際に外国人を採用している企業側からよく挙げられるのは、以下のような点です。 真面目に仕事に取り組む 働くために日本に来ている外国人の多くはとても真面目です。彼らは仕事を覚えるのが早く、専門的な技術を磨い

    ▼続きを読む
  • 2021.1.08

    専門卒の外国人が就労ビザを取得するポイントは?

    原則として、日本で外国人が就労ビザを取ることができるのは、大卒または日本の専門学校卒という学歴がある場合のみです。そして、専門卒の場合には、大卒者よりも厳しく専攻科目と職務内容の関連性が求められます。 例えば、IT・情報関連の専門学校を卒業した人が、エンジニアとし

    ▼続きを読む
  • 2021.1.07

    通訳翻訳業務で就労ビザを取るには?

    日本に住んでいる外国人の間では「通訳翻訳業務はビザが取りやすい」と言われることがあります。 たしかに、就労ビザ(在留資格「技術・人文知識・国際業務」)で働くことができる職種のうち、通訳翻訳業務に関しては、大卒者に対する要件が緩和されています。 大卒者なら学部を問

    ▼続きを読む
  • 2021.1.06

    外国人の転職時に役立つ「就労資格証明書」とは?

    外国人を雇おうと思っている会社の経営者は、その外国人が働けるかどうかを在留カードなどで確認しなければいけません。在留カードに書かれている在留資格を見れば、就労可能であるかどうか大まかな判断ができます。 しかし、在留資格を見ただけではその外国人を雇っていいのか正確に

    ▼続きを読む
  • 2021.1.05

    留学生のアルバイトに必要な「資格外活動許可」とは?

    日本に在留している外国人が、いま持っている在留資格の範囲外でアルバイトをする場合には「資格外活動許可」を取らなくてはいけません。 入管で「資格外活動許可申請」を行い、許可が出ればアルバイトをすることができるようになります。 例えば、外国人留学生がアルバイトを

    ▼続きを読む