ブログアーカイブ

Blog Archive

  • 2021.3.03

    不法就労が発覚したらどうすればいい?

    外国人が日本で仕事をするためには、適正な在留資格を持っていなければいけません。しかし、会社側に正しい法律知識がないために、間違った形で外国人労働者を雇用して働かせていることがあります。 「不法就労助長罪」に問われる 正しい就労資格のない外国人を働かせた事業主は「不法

    ▼続きを読む
  • 2021.3.02

    住民税に未納があってもビザ更新はできる?

    日本にいる外国人が、就労ビザや配偶者ビザの更新申請をするときには、住民税の課税証明書と納税証明書を提出しなければいけません。 住民税の課税証明書には、前年の1月から12月までの課税額が書かれています。また、納税証明書には、前年の課税額と納税額が書かれています。

    ▼続きを読む
  • 2021.3.01

    海外在住の夫婦が配偶者ビザを取るには?

    日本人と結婚した外国人が日本で暮らすには、配偶者ビザが必要です。配偶者ビザの申請手続きは日本の入管で行うことになるのですが、本人も日本人配偶者も海外に住んでいる場合には、どのように手続きを進めればいいのでしょうか。 その場合には、大きく分けて2つのやり方があります

    ▼続きを読む
  • 2021.2.27

    外国人配偶者を海外から呼び寄せるには?

    日本人と結婚した外国人が日本で暮らすためには、原則として配偶者ビザ(在留資格「日本人の配偶者等」)を取得する必要があります。外国人配偶者が外国にいる場合には、日本に呼び寄せるための手続きをしなければいけません。 具体的には、日本の入管で「在留資格認定証明書交付申請

    ▼続きを読む
  • 2021.2.24

    配偶者ビザの申請は自分でもできる?

    日本人と結婚した外国人が日本で暮らすためには、配偶者ビザを取る必要があります。そのためには入管でビザ申請の手続きをしなければいけないのですが、この手続きを自分でやろうとする方が多いようです。 もちろん、それで許可が出ればいいのですが、配偶者ビザの申請では書類が足り

    ▼続きを読む
  • 2021.2.21

    日本人が外国人と結婚したら戸籍はどうなる?

    結婚することを「籍を入れる」と表現することがあります。日本では戸籍制度があり、日本人同士で結婚をすると、新たに戸籍が作られることになるからです。 それでは、日本人と外国人が国際結婚をした場合には、戸籍はどうなるのでしょうか。 外国人には戸籍がない 戸籍法に定め

    ▼続きを読む
  • 2021.2.18

    国際結婚して名字を変更するには?

    現在の日本の法律では夫婦別姓が認められていないため、日本人同士が結婚した場合、夫婦はどちらか一方の名字に統一する必要があります。 日本で外国人が日本人と結婚した場合には、名字を変える必要はありません。それぞれが今まで通りの名前を使うことができます。 日本人が外国

    ▼続きを読む
  • 2021.2.18

    外国人女性が再婚するときには「再婚禁止期間」に注意!

    日本人と結婚して配偶者ビザ(在留資格「日本人の配偶者等」)を持っている外国人が、離婚して別の日本人と再婚することを考えていることがあります。その外国人が男性であれば特に問題はないのですが、女性の場合には「再婚禁止期間」に注意する必要があります。 日本の民法では、女

    ▼続きを読む
  • 2021.2.15

    配偶者ビザ申請に必要な「婚姻要件具備証明書」とは?

    日本人と外国人が結婚の手続きをする場合に必要となることがあるのが「婚姻要件具備証明書」です。聞き慣れない言葉かもしれませんが、簡単に言うと「その人が結婚できるという証明書」のようなものです。 例えば、外国に住んでいる外国人と日本人が結婚をする場合を考えてみましょう

    ▼続きを読む
  • 2021.2.12

    国際結婚で入籍すれば配偶者ビザを取れる?

    日本で外国人が日本人と結婚をするのは、日本人同士の結婚とは全く違います。 日本人同士であれば、役所に婚姻届を出すだけで結婚をすることができます。しかし、外国人の場合には、それだけでは手続きが終わりません。 外国人が日本人と結婚をするとき、通常はまず日本の役所

    ▼続きを読む
  • 2021.2.09

    同居していなくても配偶者ビザを取れる?

    日本人と結婚している外国人が配偶者ビザを取るためには、原則として同居していることが必要です。 もちろん、外国人が海外に住んでいる場合には、同居することはできないので、同居予定であればいいということになります。 入管は同居を強く求めている しかし、日本に住んでい

    ▼続きを読む
  • 2021.2.06

    在留資格「日本人の配偶者等」に該当する外国人とは?

    在留資格「日本人の配偶者等」は、一般的には「配偶者ビザ」と呼ばれています。主に日本人と結婚した外国人が取得することが多いので、そのように呼ばれているようです。 しかし、在留資格「日本人の配偶者等」に当てはまるのは、日本人と結婚した人だけではありません。この在留資格

    ▼続きを読む
  • 2021.2.03

    外国人社員が離婚したときの対応は?

    「日本人の配偶者等」の在留資格を持っている外国人が離婚をすると、配偶者としての立場が失われるため、在留資格の更新ができなくなります。6カ月以上配偶者としての活動をしていない状態が続いていると、在留資格が取り消されることもあります。 離婚した外国人社員がそのまま仕事

    ▼続きを読む
  • 2021.1.31

    外国人を雇用した際に必要な届出とは?

    外国人を雇用したときや雇用を終了したときには、会社が主体となって管轄のハローワークに届出を行う必要があります。正社員に限らず、アルバイトやパートであっても届出は必要です。 ただし、在留資格「外交」「公用」を持っている外国人や、在日韓国・朝鮮人などの特別永住者の場合

    ▼続きを読む
  • 2021.1.28

    入院中に在留期限が来てしまったら?

    日本に在留している外国人は在留カードを持っています。そこにはそれぞれの在留資格や在留期限(在留期間満了日)が書かれています。期限が来る前にかならず在留カードの更新をしなければいけません。 しかし、病気や事故などで入院することになり、その間に在留期限が来てしまった場

    ▼続きを読む