ブログアーカイブ

Blog Archive

  • 2020.11.30

    難民ビザを持っている外国人は雇用できる?

    日本に在留している外国人や、外国人を雇用している企業の方から「難民ビザ」という単語を聞くことがあります。 そういう人たちの間では「難民ビザを持っている外国人を雇いたい」「難民ビザを持っていれば働ける」といった話が飛び交っています。 「難民ビザ」は存在しない し

    ▼続きを読む
  • 2020.11.29

    就労ビザ申請の必要書類リスト【カテゴリー4】

    日本で働く外国人や、外国人を雇う企業が入管で就労ビザの申請をする際には、企業や所属機関のカテゴリー区分を確認する必要があります。 入管では、外国人が所属する企業の規模を「カテゴリー1」から「カテゴリー4」まで4つに分類しています。就労ビザ申請のために必要な書類は、

    ▼続きを読む
  • 2020.11.28

    就労ビザ申請の必要書類リスト【カテゴリー3】

    日本で働く外国人や、外国人を雇う企業が入管で就労ビザの申請をする際には、企業や所属機関のカテゴリー区分を確認する必要があります。 入管では、外国人が所属する企業の規模を「カテゴリー1」から「カテゴリー4」まで4つに分類しています。就労ビザ申請のために必要な書類は、

    ▼続きを読む
  • 2020.11.27

    就労ビザ申請の必要書類リスト【カテゴリー2】

    日本で働く外国人や、外国人を雇う企業が入管で就労ビザの申請をする際には、企業や所属機関のカテゴリー区分を確認する必要があります。 入管では、外国人が所属する企業の規模を「カテゴリー1」から「カテゴリー4」まで4つに分類しています。就労ビザ申請のために必要な書類は、

    ▼続きを読む
  • 2020.11.26

    就労ビザ申請の必要書類リスト【カテゴリー1】

    日本で働く外国人や、外国人を雇う企業が入管で就労ビザの申請をする際には、企業や所属機関のカテゴリー区分を確認する必要があります。 入管では、外国人が所属する企業の規模を「カテゴリー1」から「カテゴリー4」まで4つに分類しています。就労ビザ申請のために必要な書類は、

    ▼続きを読む
  • 2020.11.25

    アルバイトの外国人を正規雇用するには?

    就労ビザ申請を専門にしている当事務所には、さまざまなご相談が寄せられています。その中でも最も多いものの1つが「アルバイトで雇っている外国人を正規雇用したいのですが、ビザを取ることはできますか?」というご相談です。 コンビニや飲食店などでは、多くの外国人の方がアルバ

    ▼続きを読む
  • 2020.11.23

    就労ビザを持っている外国人を雇うときの注意点

    企業が日本にいる外国人を雇用したいと考えたときに、その人がすでに前の仕事のための就労ビザ(在留資格「技術・人文知識・国際業務」)を持っていることがあります。 このような場合に、企業側が「就労ビザを持っているのだからそのまま雇っても問題ないだろう」と考えてしまうこと

    ▼続きを読む
  • 2020.11.21

    外国人留学生の就職に有利な日本語の資格とは?

    外国人留学生が日本で働くことを希望する場合には、企業から内定を受けて、就労ビザの申請をしなければいけません。 内定を取ったり就労ビザの許可を得たりするためには、資格を持っていると有利になることがあります。必要な資格は仕事によって違いますが、ほとんどの企業に共通する

    ▼続きを読む
  • 2020.11.19

    外国人が転職・退職したときに必要な手続きとは?

    日本に在留する外国人は、会社を辞めたり転職したりしたときには、入管に届出をしなければいけません。それをうっかり忘れていると、今後のビザ申請や永住申請のときに不利な扱いを受けたりすることがあります。 転職・退職から14日以内に届出をする 転職や退職をしたときには、14

    ▼続きを読む
  • 2020.11.17

    外国人が住宅ローンを組むには?

    外国人が不動産を自由に購入することができるかどうかというのは、国によってルールが違います。原則として、日本では外国人が不動産を購入することが認められています。 ただし、日本に在留する外国人が住宅ローンを組むのはそれほど簡単なことではありません。多くの金融機関では、

    ▼続きを読む
  • 2020.11.15

    外国人留学生がアルバイトをしたら確定申告をする必要がある?

    日本の大学などに留学している外国人留学生は、「資格外活動許可」を取得していれば、週28時間以内のアルバイトをすることが認められています。 日本でアルバイトをしていたり、個人事業主として働いていたりする日本人は、確定申告をすることで払い過ぎた所得税を還付してもらうこ

    ▼続きを読む
  • 2020.11.13

    育休を取った外国人が就労ビザを更新するには?

    日本の会社で働いている外国人が、育児休暇(育休)や産前・産後休暇(産休)を取って一時的に仕事を休んでいるか休んでいたことがあった場合、就労ビザの更新をする際には注意が必要です。 就労ビザの更新の際には、住民税の課税証明書・納税証明書を入管に提出しなくてはいけません

    ▼続きを読む
  • 2020.11.12

    外国人が弁護士・税理士などの士業で就労ビザを取るには?

    弁護士、税理士、社労士といった士業では、それぞれの資格を持っていないとできない独占業務が定められています。外国人がこれらの業務を行うためには、士業資格を取得した上で「法律・会計業務ビザ」を取る必要があります。 法律・会計業務ビザで認められているのは以下の11種の職

    ▼続きを読む
  • 2020.11.10

    短期滞在ビザ(観光ビザ)を更新するには?

    短期滞在ビザとは、観光、娯楽、友人訪問、会議、商談などの目的のために短い期間だけ日本に滞在する外国人に認められるビザです。「観光ビザ」と呼ばれることもあります。原則として90日以内の在留期間が定められます。 このビザを持っている外国人の方から「ビザの延長(更新)を

    ▼続きを読む
  • 2020.11.09

    研究生・聴講生が留学ビザを取るには?

    外国人が日本で大学や専門学校に通うためには、留学ビザを取得する必要があります。原則として、正規の学生であれば留学ビザを取得することが認められています。 では、研究生や聴講生の場合には、留学ビザを取ることはできるのでしょうか? 結論を言うと、留学ビザを取得することは

    ▼続きを読む