ブログ

Blog

就労ビザ申請に必要な卒業証明書とは?

外国人留学生などが日本の会社に就職して働くためには、入管で就労ビザへの変更申請をする必要があります。そのときに提出すべき書類として、大学や専門学校の卒業証明書があります。

就労ビザ(在留資格「技術・人文知識・国際業務」)を取得するためには、原則として大学または日本の専門学校を卒業していなければいけません。その学歴を証明するための資料として、卒業証明書が必要になります。

まだ在学中なら卒業見込証明書を提出する

卒業後に就職することが決まっていて、まだ卒業していない状態で就労ビザの申請をするときには、卒業証明書の代わりに卒業見込証明書を提出することになります。卒業証明書や卒業見込証明書は、学校の学生課などの窓口で取得できます。

卒業証書のコピーでも可

学歴を証明するための資料として、卒業証明書ではなく卒業証書を提出することもできます。すでに卒業している場合には、卒業証書が手元にあれば、新たに卒業証明書を取得する必要はありません。

ただし、卒業証書は何度も発行できるものではないため、原本を提出することができません。そのため、申請時に原本と一緒にコピーを提出して、原本はその場で返してもらうようにしましょう。

外国語の場合は翻訳が必要

海外の大学を卒業している場合にも同様の手続きが必要です。注意点としては、卒業証書や卒業証明書が外国語で書かれている場合には、日本語訳を付ける必要があるということです。卒業証明書だけでなく、それを日本語に直したものを一緒に提出してください。

ビザに関することなら何でもお気軽にお問い合わせください!

遠田行政書士事務所

行政書士遠田誠貴(とおだ・せいき)

登録番号 第17081711号
申請取次行政書士 (東)行18第21号
所属:東京都行政書士会

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-25-8
エコプレイス新宿116

無料相談する (メール・電話の相談は無料です)

050-5215-9949 受付時間7:00~22:00