ブログ

Blog

国際結婚して名字を変更するには?

現在の日本の法律では夫婦別姓が認められていないため、日本人同士が結婚した場合、夫婦はどちらか一方の名字に統一する必要があります。

日本で外国人が日本人と結婚した場合には、名字を変える必要はありません。それぞれが今まで通りの名前を使うことができます。

日本人が外国人の名字に変更するには

しかし、日本人側が「結婚相手の外国人の名字に変更したい」と思うのであれば、結婚から6カ月以内に役所に「外国人との婚姻による氏の変更届」を提出することで、名字を変更することができます。

この手続きによって、戸籍上の名字も変わります。子供が生まれた場合には、子供もその名字を使うことになります。

仮に、離婚した場合には、離婚から3カ月以内に「外国人との離婚による氏の変更届」を提出すれば、元の名字に戻すことができます。

外国人が日本人の名字を使うには

逆に、外国人側が日本人の名字を使いたい場合には、役所に「通称記載申出書」を提出すれば、通称名を変更することができます。ただし、これはあくまでも通称名であり、本名は変わりません。

ビザに関することなら何でもお気軽にお問い合わせください!

遠田行政書士事務所

行政書士遠田誠貴(とおだ・せいき)

登録番号 第17081711号
申請取次行政書士 (東)行18第21号
所属:東京都行政書士会

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-25-8
エコプレイス新宿116

無料相談する (メール・電話の相談は無料です)

050-5215-9949 受付時間7:00~22:00