ブログ

Blog

日本人が外国人と結婚したら戸籍はどうなる?

結婚することを「籍を入れる」と表現することがあります。日本では戸籍制度があり、日本人同士で結婚をすると、新たに戸籍が作られることになるからです。

それでは、日本人と外国人が国際結婚をした場合には、戸籍はどうなるのでしょうか。

外国人には戸籍がない

戸籍法に定められている通り、戸籍が作られるのは日本国民だけです。そのため、日本国籍を持たない外国人には戸籍がありません。外国人が日本人と結婚しても、本人の戸籍が作られることはありません。

通常、日本人は両親の戸籍に入っています。結婚をすると、そこから抜けて新しく戸籍が作られることになります。

外国人と結婚をすると、両親の戸籍から抜けて、新しく自分1人だけの戸籍が作られることになります。子供が生まれた場合には、その子供が戸籍に加えられます。

婚姻の事実は戸籍に記載される

ただし、外国人と結婚しているという事実は戸籍にも記録されます。戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)や戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)の「身分事項」の欄には、外国人配偶者と婚姻をした事実や、婚姻日、配偶者の氏名・国籍・生年月日などが記載されます。

外国人でも住民票は取得できる

ちなみに、戸籍と違って住民票は日本に在留する外国人も対象になるため、外国人でも住民票を取得することができます。

ビザに関することなら何でもお気軽にお問い合わせください!

遠田行政書士事務所

行政書士遠田誠貴(とおだ・せいき)

登録番号 第17081711号
申請取次行政書士 (東)行18第21号
所属:東京都行政書士会

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-25-8
エコプレイス新宿116

無料相談する (メール・電話の相談は無料です)

050-5215-9949 受付時間7:00~22:00