ブログ

Blog

就労ビザ申請に成績証明書は必要?

外国人が日本で就職して働くためには、入管で就労ビザの申請をする必要があります。留学生など、すでに日本にいる外国人が就職する場合は「在留資格変更許可申請」、海外にいる外国人を日本に呼び寄せる場合は「在留資格認定証明書交付申請」を行うことになります。

就労ビザ(在留資格「技術・人文知識・国際業務」)を取得するためには、原則として大学または日本の専門学校を卒業している必要があります。その学歴を証明するためには、卒業証明書を提出しなければいけません。

卒業証明書と成績証明書を提出する

そして、必ずしも提出が義務づけられているわけではありませんが、卒業証明書を提出する際には、成績証明書も一緒に提出することをおすすめします。あとから提出を求められることもあるため、最初から準備して出しておいた方が審査がスムーズに進みます。

専攻科目と業務内容の関連性を立証する

成績証明書がなぜ求められるのかというと、学校で学んだ科目と業務内容の関連性を調べるためです。

就労ビザの要件の1つとして「専攻科目と業務内容の関連性」というものがあります。成績証明書には、その外国人が大学や専門学校で学んできた内容が具体的に書かれています。

その履修科目と就職先での業務内容に関連があると認められれば、要件を満たしていると判断されて、就労ビザが認められることになります。

成績証明書は、卒業証明書と同様に、学校の学生課などの窓口で取得できます。就労ビザ申請の際には、卒業証明書と合わせて必ず提出するようにしましょう。

ビザに関することなら何でもお気軽にお問い合わせください!

遠田行政書士事務所

行政書士遠田誠貴(とおだ・せいき)

登録番号 第17081711号
申請取次行政書士 (東)行18第21号
所属:東京都行政書士会

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-25-8
エコプレイス新宿116

無料相談する (メール・電話の相談は無料です)

050-5215-9949 受付時間7:00~22:00