ブログ

Blog

契約社員や派遣社員でも就労ビザは取れる?

外国人を雇用するとき、正社員として雇う場合もあれば、契約社員や派遣社員として雇う場合もあります。契約社員や派遣社員でも就労ビザを取れるのか、というお問い合わせを頂くことがあります。

結論から言うと、契約社員や派遣社員でも就労ビザの取得は可能です。雇用形態によって就労ビザを取れるかどうかが決まるわけではありません。

雇用の安定性や継続性が求められる

ただし、就労ビザの取得にはさまざまな要件があり、その中には「雇用の安定性や継続性」というのがあります。外国人を雇ってもすぐにクビにしてしまったり、経営不振で会社が倒産してしまったりするようでは困ります。会社としては、経営が安定していて仕事量が十分にあり、それが将来も続く見込みだということを書類で説明しなくてはいけません。

契約社員や派遣社員の場合には、正社員よりも不安定な立場だと見なされるため、それでも継続して仕事を続けられるということを説明する必要があるのです。

契約社員や派遣社員で就労ビザを取るのは不可能ではない。でも、正社員と比べると少しハードルは高くなる、というふうに覚えておいてください。

派遣先では不法就労に注意

派遣社員の場合に注意すべきなのは、派遣先では就労ビザで認められた仕事以外をしてはいけない、ということです。派遣先の会社にそのような認識がなく、資格外の仕事をさせてしまうと、それは不法就労にあたります。それが原因でビザの更新ができなくなることもあるため、あくまでも就労ビザで認められた業務の範囲内で働くように注意してください。

ビザに関することなら何でもお気軽にお問い合わせください!

遠田行政書士事務所

行政書士遠田誠貴(とおだ・せいき)

登録番号 第17081711号
申請取次行政書士 (東)行18第21号
所属:東京都行政書士会

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-25-8
エコプレイス新宿116

無料相談する (メール・電話の相談は無料です)

050-5215-9949 受付時間7:00~22:00