ブログ

Blog

【最新】在留資格認定証明書の有効期間に係る新たな取扱いについて(2021年7月6日現在)

外国人が日本に入国するための査証(ビザ)申請に必要な在留資格認定証明書には、有効期間が定められています。

通常、在留資格認定証明書の有効期間は「作成日から3ヶ月間」とされているのですが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的感染拡大の影響により、現在(2021年7月6日)は扱いが変わっています。

この件に関して、2021年7月5日に出入国在留管理庁から新たな通達が出されました。

在留資格認定証明書の有効期間に係る新たな取扱いについて(出入国在留管理庁)

これによると、2020年1月1日以降に作成された在留資格認定証明書に関しては、有効期間が以下の通りに変更されます。

・作成日が2020年1月1日~2021年7月31日の場合、2022年1月31日まで
・作成日が2021年8月1日~2022年1月31日の場合、作成日から「6ヶ月間」

上記の期間内であれば、作成日から3ヶ月が経過していても、在留資格認定証明書は無効になることはありません。

すでに作成された在留資格認定証明書をお持ちの方は、入国制限が解除されて日本への入国が可能となるまで、そのままお待ちください。

ビザに関することなら何でもお気軽にお問い合わせください!

遠田行政書士事務所

行政書士遠田誠貴(とおだ・せいき)

登録番号 第17081711号
申請取次行政書士 (東)行18第21号
所属:東京都行政書士会

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-25-8
エコプレイス新宿116

無料相談する (メール・電話の相談は無料です)

050-5215-9949 受付時間7:00~22:00